Text Size :  A A A
*   News   *  Profile   *  Co.QueLe   *  CQ-Labo   *  Exhibition   *  Diary   *  Link   *  Contact  
Img_d4314fb1cad8ac9e4d5710ff653cff2f
Img_41a27ee78f211b745b945954ad30f3b5

台風一過。

夕焼けのパノラマ。

燃えるように赤々と。

輝くように明々と。

金を熱した色に似て。
Img_7bd3c8c8062c243f231b13589c37e10c
先日  (Click!)  に続き Lotta Jansdotter シリーズ。

写真は、私の 「ロッタ・コレクション」 の一部です。
雑誌の付録だの、ノベルティだの、なんだかんだで集まったモノたち。
自分で買ったのは、タンブラー型ランチボックス(写真手前)くらい。

そして、最近のロッタのグッズは、なぜかイエロー系が多い。
黄色のモノって 自分では あまり選ぶことがないから、
イエロー系のグッズは まだ一度も使ってなかったりします。

ところが。
ここ最近の 【Diary】 を見返してみると、
写真に黄色いモノが写っている記事が多いのです。
無意識にイエロー系を求めているのでしょうか?

色彩心理学的には、強い希望を抱いている時や自由になりたいと思っている時に
鮮やかな黄色が気になる傾向があるらしいです。

希望を叶えるために、乗り越えなけらばならないハードルがある時、
黄色+青や黒という高コントラストな配色を好む傾向がある・・・
って、まさに今日の一枚ではないですか!
あと、「指名手配」  (Click!)  の写真も・・・(苦笑)
Img_59b802157d8ba54155688e88e4479b58
大好きな 北欧出身のテキスタイルデザイナー

Lotta Jansdotter のクッションカバー。

奥の大きくて黄色い方は、自分で購入したもの。

手前の小さくて紫色の方は、景品でもらった新入り。

写真だと分かりづらいですが、

小さい方のカバーは ポリエステル 100%で、

生地もペラペラ、質感はテカテカ、中に入ってる綿もフニャフニャ。

まあ、景品だから、仕方ないけど。
Img_31b1fd68f6cb9ace3d58ab32ff1de78e
同じ柄だし、本当は並べて置きたいところですが、

素材が違うと、結構 違和感があるもので・・・

景品の方は 座布団的な使い方をしようかな。

厚みがない分、敷くのには ちょうどいいかも(苦笑)
Img_999532281f7e69f36744e75cec72bf4f
ちなみに、大きい方のカバーは リバーシブルなんです。

裏側は、ブルーグリーン×ホワイトの手描きボーダー柄。

(どちらかというと、私は こっちの色柄の方が好み)

夏の間は、涼しげなので、こちら側を上にしてました。

秋冬の間は、黄色い方を上にして置くことが多いです。
Img_6dba7df57dbe185d37b120f2f7060218
キンモクセイの香りに 思わず振り返る。

この香りは、一瞬にして私を

子供時代にタイムスリップさせる。
Img_d67a5b2170043b197900cee99088ee86
天気予報では、明日から しばらく雨模様。

秋の長雨で、この小さく可憐な花たちも

すべて地面に落ちてしまうのかな。

雨が降ると 潔く一気に花を散らせることから、

「気高い人」 という花言葉があるそうで。

確かに、路面が蛍光オレンジ色に染まる光景は 圧巻だけど。
Img_1900d37504ba7ba200d9857fc4a079b7
10月だというのに、昼間は まるで夏のような陽気。

空調のせいなのか、咳喘息で咳が出るため マスクをして、

強い日差しが眩しいので サングラスをかけて出かけたら、

もう怪しすぎて 指名手配犯みたい・・・